掲示板

おしゃべりは
“7777”掲示板へ
レポ投稿などは
投稿掲示板へどうぞ!

line80

get you!

TVで、街角で、
羽毛田さんの楽曲を
聴いたらみんなに
報告しよう!

line80

gallery

お宝写真やイラストを
載せてます。投稿募集中

line80

archives

ライブレポート

live imageアーカイブス
高円寺JIROKICHIライブショット
line80

作品・CDレポート

TV・ラジオ・書籍

年度別WORKS一覧

line80

traces BN

line80

サイトマップ

迷子になったら
ここをチェック!

line80

更新履歴

line80

久原本家presents「福岡音楽祭 音恵〜ONKEI〜2016」

160724@福岡縣護国神社 投稿者:Sayuさん

7月24日 福岡護国神社にて開催されました。
音楽祭数日前にKingyoさんに「音楽監督が羽毛田さん」というのを伺い、テンションが数倍上がり当日を迎えました。
福岡市内のかなり都会の中にある神社での野外コンサートの想像がつかないまま会場へ。少し早目に到着したら会場の外にリハの音がガンガン聴こえてきました。
ちょうど葉加瀬さんのあの超有名な曲だったので、通りすがりの人も振り返って「あ、葉加瀬さん?」って感じでした。

会場はかなり大きな神社の境内をバックに、ステージがあり客席は全て椅子席なので、6000人分(だったらしい)の椅子がきれいに並べてあり壮観でした。

開演トップバッターはLE VELVETS」!
白シャツに黒ベストで日野さんのみネクタイしてたみたいです。ちなみに羽毛田さんは最初黒い上着(ジャケットではないようでした)を着てありましたが、すぐ水色シャツ姿に変わってました。
曲は、Volare、Time to say goodbye、オーソレミオの3曲でした。トークは自己紹介と11月のコンサートのお知らせ位で短めでしたが、1曲目からかなり盛り上がり、オーソレミオの佐藤さんの見せ場ではかなり長く伸ばして歌われたので、観客も大歓声でしたよ!VELの事を知らない方がかなりいらっしゃるようでしたが、きっとあの歌声で虜になった方もいっぱいいたかもですね。
実際知り合いでこの音楽祭に来られてVELのCDを購入した人が数人いたので。会場の入口で色々な方のCDが販売されてました。
欲を言えば、もう何曲か聴きたかったなー・・。他の方とのコラボもなかったので、出番はここだけでした。

続いて西村由紀江さん。
ピアノソロなので羽毛田さんは退場です。
西村さんの爽やかなソロのあとウェイウェイウーさんが登場されて一緒に演奏されました。お二人で「Pianico」というユニットでコンサート活動されてるそうです。

そのあと、西村さんと羽毛田さんが入れ替わりTVドラマ「仁jin」のテーマを。

続いて沖仁さん。
「禁じられた遊び」フラメンコVer.。
初めて、生で拝見してあまりのギターの素晴らしさに感動しました。チェロの柏木さんとのデュオ曲(観客の前で弾くのは初とのこと)、最後に「Someone to watch over me」でしめくくりでした。ほんとにすごかった・・・。

そのあと、森山良子さん。
live imageと同じ位かちょっと高めの年齢層の観客の方が多かったので、かなりの盛り上がりでした。曲も「この広い野原いっぱい」「涙そうそう」「ユーレイズミーアップ」「小犬のワルツ」「さとうきび畑」とよく知ってる曲も多くて、すごく良かったです。思ったより年齢も上でしたが、声も透き通るようにきれいで若々しく素敵でした〜。

そして高嶋ちさ子さん。この時はピアノは伊賀拓郎さんにかわってました。「今日はしゃべっちゃダメっていわれてる」と言っていつもの毒舌はやや封印気味でした。
最後に「リベルタンゴ」だったのでかなり激しく弾かれてましたが、「全然汗かかないんですよ〜」と言われた通りホントに涼しげな高嶋さんでした。

羽毛田さんは途中でえんじ色(?)っぽいシャツにお着替えされてました。

次は藤井フミヤさん。
まずは「鎮守の里」をソロで歌われた後高嶋さんが登場して一緒に「TRUE LOVE」。その後は福岡県人の愛する球団ソフトバンクホークスの試合で勝ったら流れるフミヤさんが作られた「勝利の空へ」。この日も音楽祭の前にヤフオクドームで歌われてきたそうです(ホークス勝ったので)。ユニフォームを着て歌われてました。個人的にこの福岡の曲を羽毛田さんの素敵なピアノで聴けたのがかなり感動でした。
「友よ」、そして葉加瀬さんとコラボで「夜明けのブレス」と」続きました。

最後はそのまま葉加瀬さんコーナー。
この頃にはあたりも薄暗くなってきて、ステージに照明も当たりだしてとても幻想的な風景になってきました。
1曲目は「ひまわり」、次にこの音楽祭のの主催の久原本家のために作られた「風の向こうに」、高嶋さんと一緒に「Someday Somehow」、沖さんも登場して「スィンギン・バッハ」「Asian Roses」そして最後は「情熱大陸」!
葉加瀬さんのいつものあおりで会場皆さんスタンディングで大盛り上がりで終わりました。

アンコールは時間の都合かわかりませんがありませんでした。

4時間のコンサート、ほとんどステージで演奏されてた羽毛田さんが1番大変だったと思います。本番は少し涼しかったですが、前日と当日の昼間では相当暑かったので、本当にお疲れ様でした。でも羽毛田さんのおかげで、こんな素晴らしい音楽祭が福岡で聴けて感謝の気持ちでいっぱいです。
葉加瀬さんもおっしゃってましたが、この音楽祭が来年も再来年も続くと良いな、と言って下さったので次回も楽しみに待ってます。

VELVETSも観れて、羽毛田さんのピアノもたくさん聴けて、久原本家から茅乃舎の出汁(葉加瀬さんもお気に入り)とつゆのお土産も頂いて大満足な1日でした。

このページのトップへもどる

1つ前のページへもどる