掲示板

おしゃべりは
“7777”掲示板へ
レポ投稿などは
投稿掲示板へどうぞ!

line80

get you!

TVで、街角で、
羽毛田さんの楽曲を
聴いたらみんなに
報告しよう!

line80

gallery

お宝写真やイラストを
載せてます。投稿募集中

line80

archives

ライブレポート

live imageアーカイブス
高円寺JIROKICHIライブショット
line80

作品・CDレポート

TV・ラジオ・書籍

年度別WORKS一覧

line80

traces BN

line80

サイトマップ

迷子になったら
ここをチェック!

line80

更新履歴

line80

 NHK総合テレビ(BK)「ぐるっと関西 plus」

071020 kanaさんのレポート

本日、晴天の中、行ってまいりました。友人をお供に。
とりあえず10:40までに集まればOKというのをネットで確認したので、行ってみると、1階の公開用スタジオの前に、すでに列が。かなり年齢高め(笑)。
しかも、毎週見に来ているおじさん(おじいさん?)集団もいて、
おじーさん1「あんたどこから来たん(きたの)?」
おじーさん2「アマ(尼崎)ですわ」
おじーさん3「あー、アマやったら、映らへんわ。近場やから」
おじーさん2「ええっ、そーなん?映らんの?」
おじーさん1「もっと、遠くから来た人やないと、映してもらえんわ」
一同「あっはっは☆」
こんな会話に、すでに気分はアウェー状態。しかも、
「今日は若い人(私と友人?)も来とるし、若いバンドかもしれんね」とおじーさん。
違います!バンドじゃないです!と心の中で叫ぶ私。
時間になり、スタジオに入ると、中央にピアノと椅子(柏木さん用)、その奥に歓談用のソファが。
で、観覧用の椅子が3列で、大体40人分くらいでしょうか。
私は3列目の真ん中あたりで、ピアノの弾いている位置が一応確認できるという感じでした。
司会者の方3人に続き、羽毛田さんと柏木さんが紹介され、スタジオに。
前にいた女性が、すかさずデジカメで撮影して、しまうようにちょっと注意されていましたが、どうも羽毛田さんのファンの方だったみたいです。
おじーさんが「若い人たち」といったであろう女性陣に、あとおばあちゃんが、動きから見て、羽毛田さんのファンのようでした(私見)。
羽毛田さんは、かーなりオシャレなヘアスタイルで、トップが長めで襟足は短め。
そのトップをちょっと立てるという(!)まさに、ミュージシャンヘアです。
2曲目に入る前に、ヘアメイクさんがお直しをしていました。
洋服は、小花柄?ペイズリー?のような柄のシャツに黒の細身のパンツ、柏木さんも同じような格好で、友人が「おそろい?」と小声で言っていたほど。
 
生放送なので、11時ジャストに収録スタート。まずは1曲目がすぐに始まりました。
もちろん、インカ・マヤのメインタイトル
初めて聴いた感じだなあ、、、と思っていたら、演奏後のトークで、
「今回の曲は、ピアノとチェロのためにアレンジし直した、今日だけのバージョンで、一昨日作って、昨日練習、それで今日本番だったから緊張しました」と羽毛田さん。
トーク中も、キュートな表情で、きょろきょろする柏木さん。
2人での演奏を番組で披露するのは初めてなんだそうです。
ちなみに、今日の柏木さんのチェロは、18世紀のものだとか。
羽毛田さんは、昨日、神戸で開催されているインカ・マヤ展に行かれたそうで、展示物を見ている映像が流れました。
マチュピチュの模型を見ているシーンでは「コレ本当に良くできていて、うちに欲しいな、と思ったんですよ。玄関にちょうどいいんですよ!」と羽毛田さん。
玄関にちょうどいいんだ...、そうなんだ...。
 
今回の曲つくりのエピソードなどもちょっと入って、あと、神戸出身なので、
「中学生の頃は三宮でよくデートしたものです」のおまけトーク付き。
その後、もう1曲、と紹介されたのが、ジャッジのメインテーマでした。
流れるような2人の演奏が終わり、全部の行程は約10分ちょっと。
さわやかに2人は去っていきました。ああ、さよーなら、羽毛田さん、柏木さん。
 
それにしても短い!とっても短い!でも、スタジオで生トーク&生演奏だったので、観に行けたのはラッキーでした。
スタジオがとても狭かったので、中学生の頃の校内放送を思い出したくらいです。
インカ・マヤは近々観に行くつもりでいたんですが、こんなことなら、昨日行けばよかった...!と思ったのは言うまでもありません。


071020 あややさんのスタジオ突撃レポ

行ってきました、NHK大阪の「ぐるっと関西プラス」!!!
私にとって、こんな至近距離で見る生羽毛田さん、初めてだったのでちょっとドキドキでした。
 
私がスタジオの外に着いた時は、番組後半部分のリハ中。
たぶんLIVEの部分は、すでにリハ済んでたんでしょうね・・・・
 
放送15分前に観覧者もスタジオに入れてもらえました。
#この時スタジオに流れていたのは「インカ・マヤ」でした。
スタジオ向かって左側にピアノ、その奥にチェロ用のいすがセットされていました。
観覧者席からは、羽毛田さんを斜め後ろから眺める感じです。
 
そして、本番5分くらい前に羽毛田さんと柏木さんが登場!
#番組開始すぐにLIVEが始まるので、羽毛田さんと柏木さんはスタンバイしないといけないので・・・・
羽毛田さんは、細かい柄の茶系のシャツに茶色のパンツ。
こんなラフな服装の羽毛田さんも初めてかも(笑)
 
1曲目は「失われた文明 インカ・マヤ」のメイン・テーマですが、この日のために編曲しなおしたスペシャル版!
あのメイン・テーマがピアノとチェロだけで演奏されました。
シンプルになった分、曲がまた雄大になったような・・・・
時々、左足で床を踏み鳴らしての演奏、素敵でした(^-^)
 
#スタジオでは気がつかなかったのですが、テレビ放送時には、NHKスペシャルの映像が流れていました。
 
1曲目が終わったところで、トーク開始。
司会者から「チラッとネットで見たんですが、猛練習されたそうで・・・・」との発言が(笑)
このHPの存在が関西中に知れ渡りましたよ!
羽毛田さんも、柏木さんと練習したのが金曜日だけだったので緊張したとのこと。
ちょうど「インカ・マヤ展」が神戸で開催されているので、羽毛田さんも見に行かれてました(映像が流れていました)。
「インカ・マヤ展」が開かれている神戸市立博物館は三宮にあるのですが、神戸っ子の羽毛田さん「懐かしいですねぇ。三宮は中学生の時にデートによく行ってましたから(笑)」との発言が。
羽毛田さん、展示されていたアステカの遺跡がお気に入りのようで、「家の玄関のところにちょうどあうから、持って帰りたい」と(^^;;
司会の小米朝さんから「展示即売会じゃないんですから」とつっこまれてましたし。
 
曲作りの話も披露されていました。
「インカ・マヤ」のようなドキュメントの場合は、映像がなく企画書とか資料だけで想像して作り上げないといけないのが大変だし、「ジャッジ」のようなドラマの場合は、いろんなシチュエーションにあわせて曲を作らないといけないのが大変とのことでした。
 
テレビには映らなかったんですが、2曲目演奏前、ピアノ前に移動した時に、ヘアメークさんに後頭部の髪の毛を直されていました。
スタッフさん、やはり気になってたんでしょうね。
 
2曲目は「ジャッジ」のメイン・テーマ
#「ジャッジ」、NHK大阪が制作だったんですね。
ゆったりとした雰囲気がスタジオを包んでいました。
 
約15分間の出演はあっという間に終わってしまいました。
でも、貴重な生羽毛田さんを見るチャンス、行ってよかったです。
 
耳になじんでいる曲が、これだけピアノだけのシンプルなバージョンに編曲されていたら、猛練習になりますよね。

このページのトップへもどる

1つ前のページへもどる