掲示板

おしゃべりは
“7777”掲示板へ
レポ投稿などは
投稿掲示板へどうぞ!

line80

get you!

TVで、街角で、
羽毛田さんの楽曲を
聴いたらみんなに
報告しよう!

line80

gallery

お宝写真やイラストを
載せてます。投稿募集中

line80

archives

ライブレポート

live imageアーカイブス
高円寺JIROKICHIライブショット
line80

作品・CDレポート

TV・ラジオ・書籍

年度別WORKS一覧

line80

traces BN

line80

サイトマップ

迷子になったら
ここをチェック!

line80

更新履歴

line80

traces2004 -OCTOBER-

2004年10月のトピックス

今月も、羽毛田さんからメッセージをいただいています。
 
<羽毛田さん、いかがお過ごしですか?>
ちょうどゴンチチのアルバムなど、大きな仕事が終わって、
これからの仕事の打ち合わせや準備などをしながら、
今ちょっとゆっくりしているところです。
ゴンチチのニューアルバムですが…。
とにかく良いです!
あっという間に聴き終えてしまうので、もう一回聴いてしまいます。
そして、ジャケットや中の写真が、奈良原一高さんの作品です。
知っている人はびっくりするほど有名な写真家ですが、この方の作品を
贅沢に使っていて、写真集として買ってもよいというお得な内容。
僕は共同プロデューサーということで、帯にも名前を載せて
もらえるみたい。

>>アルバムタイトルは「XO」、12月1日発売予定です。
ゴンチチオフィシャルサイトには、ダークスーツ姿の参加アーティストの
集合写真が。羽毛田さんもかっこよくニッコリ! (kingyo)

そして「On The Beach Records」というレーベルから出ている、
naomi&goroのアルバム「Bon Bon」にピアノで3曲くらい参加してます。
ボサノバの二人組でとてもいい感じです。
ピアノのプレーも気に入ってます。
>>8月18日にリリースされています。(kingyo)

もひとつ、ベベチオのニューアルバム「ひとつやふたつ」
これもやってます。おすすめ作品。
これには僕は、スーパーバイザーとしてかかわってます。
プロデューサーということで、僕は楽器はいっさい演奏してなくて、
彼らの音楽制作環境を整えて用意をするということをやっているわけです。
ひさびさに完全なプロデューサー業なので、面白かったよ。
とてもよい二人組。
タワーレコードとかHMVでもインディーズコーナーで売ってます。
ぜひ聴いてみてね。

 
On The Beach Records  http://www.on-the-beach.jp/  
>>「11月、12月にはまたいろいろと…どうぞお楽しみに!」とのことです。
いろいろってなんだろー?!わくわくだー!(kingyo)

<今月の1枚>
今年ももう11月。
受験生のみなさんは、そろそろ本番に向けて追い込みに入る頃でしょうか。被災地の受験生の皆さん、この逆境にめげずに頑張ってくださいね。
学生時代の羽毛田さん語録の中で、私の記憶に一番くっきりと残っているのが「今度生まれてくるときは犬になりたい!」でした。ちょうど関西学院高校を受験する直前、バンド活動も休止して、一生懸命勉強に励んでいた、今頃の時期のこと。突然の叫びにまわりはびっくり。どうして?と尋ねると、「犬はいくら寝てても誰も文句言わないから」。
確かに、爆睡する犬を見ていると、うらやましくなることありますね。犬は犬なりにつらい事情もあるんだろうけどね。
とりあえず羽毛田さん、犬に生まれなくてよかったですね。犬の手は「グー」だから、ピアノ弾けませんもん。ちなみに羽毛田さん、こんなことを叫んだのは、全く覚えていないそうです。
(写真は「爆睡する犬」のイメージです。足元にころがってました。)
 
 

2004年10月の足跡

地震や台風など、自然の猛威にさらされた1ヶ月でした。
台風や地震で被害にあわれた皆さん、一日も早く元の生活に戻れることを、心からお祈りしています。それは決して簡単なことではないと思いますが…。
被災していない私たちは、経験された方の話によく耳を傾けて、自分たちの教訓にしなければならない、と、今回も強く思います。
 
羽毛田さんの10月は、3日のNHKスペシャル「天空の湖」の感動で始まりました。
ツィ村の人々のように、自然に畏敬の気持ちを持ち、その恵みに感謝しながら共存していくことが、私たちはできないのだろうか?そんなことを考えさせられる、素晴らしい番組でした。とても明るくすがすがしい表情の村人たちなのに、見ていると涙が出てしまうのはどうして?私たちがなくしてしまった大事なものを、そこに見たからでしょうか。
標高5000メートルの湖と、そこに生きる人や生き物の驚異の映像を、まるでなつかしい故郷のように感じさせてくれた羽毛田さんの楽曲も、美しい映像とともにぜひ残してほしいドキュメンタリーでした。CD化、DVD化、熱烈希望!
 
それから、ひさびさの羽毛田さんテレビ出演がありました。
NHKの「夢・音楽館」。今話題の歌姫たちの競演に、羽毛田さんはピアニストとしてサポート出演。
Vo Vo TauのRinga.mia一十三十一の3人が歌う、松任谷由実の“荒井由実”時代の名曲「中央フリーウェイ」のアレンジ、Vo Vo Tauの「裸〜Nude〜」のストリングスアレンジ、a.miaの「lost in your eyes〜永遠〜 」のスペシャルアレンジも手掛けました。
a.miaのサポートでは、Tシャツ姿でリハーサルに臨む貴重映像も。アップ映像では、ファンにはおなじみの「唇かみしめ」演奏復活!a.miaののびやかで透明感あふれる高音に、「暖」なピアノの音色がとてもマッチしていて、じっくり聴きいってしまうパフォーマンスでした。ボーカリストの後ろでピアノを弾く羽毛田さんの姿、おひさしぶり!
サポートメンバーは、「中央フリーウェイ」が羽毛田さんのほか、一本茂樹さん(ウッドベース)、西海孝さん(アコースティックギター)、杉野寿之さん(ドラム)、辻康介さん(パーカッション)、ASKA STRINGSというおなじみの皆さん。a.miaの「lost in your eyes〜永遠〜」が羽毛田さん(ピアノ)、木村隆哉さん(チェロ)、西海孝さん(アコースティックギター)でした。
 
で、レギュラーの「無人惑星サヴァイヴ」。ついに大団円を迎えました。
「あきらめちゃだめ!」というルナの強いメッセージが心に響いた最終回でした。ほんと、あきらめちゃだめですね。あきらめたら、それですべて終わってしまいますから。
別れのとき、メノリが異星人の子どもアダムに、自分の大切なバイオリンをプレゼントした場面のセリフは、音楽ファンである皆さんにとても強く響いたのではないでしょうか。
「音楽には、星も民族も言葉も何のへだたりもない。すべての人の心に届くはずだ。」
災害や紛争で傷ついた人々の心が、音楽で少しでも慰められますように。

3日 NHKスペシャル「チベット 天空の湖 −標高5000メートルに生きる−」放送
5日 NHKBS-hi 「夢・音楽館」第58回(楽曲アレンジ・ピアノ演奏で出演)
7日 NHKアニメ「無人惑星サヴァイヴ」第49話放送
    NHK総合「夢・音楽館」第58回(楽曲アレンジ・ピアノ演奏で出演)
12日 NHKBS-hi ハイビジョン特集「知られざる自然に挑む 天空の湖」 放送
    NHK総合「夢・音楽館」第58回 再放送(楽曲アレンジ・ピアノ演奏で出演)
13日 NHKBS2「夢・音楽館」第58回(楽曲アレンジ・ピアノ演奏で出演)
14日 NHKアニメ「無人惑星サヴァイヴ」第50話放送
20日 ベベチオ2ndミニアルバム「ひとつやふたつ」発売(プロデュース)
21日 NHKアニメ「無人惑星サヴァイヴ」第51話放送
28日 NHKアニメ「無人惑星サヴァイヴ」第52話(最終話)放送


 tracesバックナンバー

このページのトップへもどる

1つ前のページへもどる