掲示板

おしゃべりは
“7777”掲示板へ
レポ投稿などは
投稿掲示板へどうぞ!

line80

get you!

TVで、街角で、
羽毛田さんの楽曲を
聴いたらみんなに
報告しよう!

line80

gallery

お宝写真やイラストを
載せてます。投稿募集中

line80

archives

ライブレポート

live imageアーカイブス
高円寺JIROKICHIライブショット
line80

作品・CDレポート

TV・ラジオ・書籍

年度別WORKS一覧

line80

traces BN

line80

サイトマップ

迷子になったら
ここをチェック!

line80

更新履歴

line80

traces2009 -JULY-

2009年7月のトピックス

PRESENTS IIIモーレツに私事ですが、私が子どもの時、親に言われてとかでなく、本当に自分の情熱で音楽に打ち込み始めた頃、繰り返し繰り返し聴いたアルバムがあります。
それは、1966年に発売された「子どものための交響詩 ジャングル大帝」というアルバムです。手塚治虫さん原作の超名作アニメ「ジャングル大帝」の、冨田勲さんによるテーマ曲をモチーフにしたクラシック仕立ての作品で、小さなライオンの子レオが父の王者パンジャと母エライザに見守られながらすごしたジャングルでの幸せな暮らしから、ハンターに父を殺され、母とともに動物園に売られて船に乗せられたレオが、母と別れるつらさを乗り越えて船から逃げ出し、ジャングルの動物たちを守るべく海を泳いでアフリカを目指すまでのストーリーをすべてオーケストラで表現しているすばらしく触発的なアルバムです。
この石丸寛指揮・日本フィルハーモニー交響楽団演奏のアルバムには、冒頭に子どものためにいろいろな楽器を紹介するコーナーがあって、様々な楽器を、音を聴きながら写真でも確かめることができるようになっています。
このLPレコードに何度も何度も針を落とし、一つ一つの楽器の音色と姿を覚え、そして次に金管の大迫力のファンファーレで始まるオーケストラの叙事詩に心を震わせる…そんなことを毎日毎日繰り返していました。
たぶん、親はこれを姉のために買ったんじゃないかと思うのですが、実際は妹の私のほうがすっかりとりこになってしまい、これがきっかけで管楽器に興味を持つことになりました。そして、紹介コーナーのおかげで楽器の音を聞き分けられるようになったので、ますますオーケストラの曲に興味を持つようにもなりました。
 
このLPに出会わなければ、きっと私はフルートやサックスを吹こうと思わなかっただろうし、楽器ができなければ1学年上の羽毛田さんと話をすることもなかったと思うので、fishive的にも運命の1枚ですが、自分自身あまりに大切なLPなので今でも大事に持っています。
 
そんな自分史上特に大事な作品のリメイク版がこの夏9月5日のフジテレビ「土曜プレミアム」で放送されることになりました。
 
実は、最初は音楽がどうなるという情報はどこにも出ていなかったのですが、羽毛田さんから「大型アニメの音楽を作った」という話を聞いていたし、羽毛田さんはフジの夏のアニメでは「ミヨリの森」の実績があったし、もしかしてジャングル大帝では…と羽毛田さんに問い合わせたところ、ビンゴ!「よくわかったねー」と羽毛田さんもびっくり。
そして、このLPの話をしたところ、「僕もおなじで、あのLPでオーケストラにすごく興味をもったのをよく覚えてる。」とさらにびっくりなお話を教えてくれました。
 
子どもが興味を持ちやすい素材で、でも子どもだからといって手を抜かず、上質な音楽を教えてくれたこのLPに私たちは本当に感謝しないといけないなと思いました。
 
さて、その新生「ジャングル大帝」ですが、羽毛田さんは冨田勲氏の名作に「プレッシャーを感じつつも、原作を踏襲しながら、新しいものを作れたような気がします。」とのこと、9月5日はぜひ羽毛田さん版ジャングル大帝をお楽しみください。
 
青い花放送中!羽毛田さんはこの夏「やってもやっても終わらない仕事の嵐状態」だそうですが、今日はgreen image in KARUIZAWAのリハーサル、そしていよいよ明日から3日間スペシャルなイマージュが開催されます。
羽毛田さんは初日にGONTITIと、そして3日目には小松亮太さん、古澤巌さんとともに出演します。その後は、間髪いれず春野寿美礼さんのツアーが始まります。これらについては、また来月のtraceで振り返ることにして…。
 
イマージュといえば、9月9日に葉加瀬太郎さんのとっても面白いアルバムが発売されます。その名も「My Favorite Songs」。
羽毛田さんによると、
「葉加瀬君の次のアルバムに参加しました。なんと‘地球に乾杯’と‘放課後の音楽室’。一人イマージュカバーアルバムです。それに、本人も参加するという豪華版です。ほかは、加古さん黄昏のワルツ、鳥山さん世界遺産などなど、ほんとにひとりイマージュ」
羽毛田さんの「地球に乾杯」は、2009年版という感じでなかなかよいできだ、とのことです。来年にはデビュー20周年を迎える葉加瀬さんですが、イマージュメンバーとの出会いというのはみなさんお互いに本当にすばらしいものだったんですね。早く聴いてみたい!
 
ところで、fishive!にも以前「My Favorite Tune」というコーナーがあったなぁ。
けっこう皆さん使いますね、「My Favorite なんちゃら」。
やはりイマージュといえば「My Favorite Things」ですからねぇ!
 
9月にはこのほか、2日にNHKスペシャル放送20周年記念の「NHKスペシャル20th ANNIVERSARY」という記念盤が発売されます。NHKスペシャルの数々の番組の中から厳選された音楽選曲集に、羽毛田さんの「文明の道」が収録されました。まぁ当たり前といえば当たり前なんだけど、でもこれってすごい栄誉!もちろん加古隆さんの「映像の世紀 パリは燃えているか」も選ばれています。これもマスト盤ですね。
(090809 kingyo)

2009年7月の足跡

7月はほとんどを「ジャングル大帝」の作曲をやっていたという羽毛田さんですが、成果発表的にはフジテレビ「NOISE」枠のアニメ「青い花」が始まりました。鎌倉を舞台に、女の子が女の子を好きになってしまうという「女の園」の物語。おねえさまに憧れるっていうのは、あまり女の園経験のない私にゃーわからない感覚ですが、場面の空気感とか背景が自分の日常と重なっているので(地元だもんで)見ていて楽しいアニメです。音楽はピアノを中心に、雰囲気にぴったりなやさしいものがメイン。OPテーマの空気公団の「青い花」もとってもいい歌です。ボーカルの女の子の声がいい感じ。

1日 フジテレビアニメ「青い花」放送開始(音楽担当)
   馬場俊英アルバム「延長戦を続ける大人たちへ」発売(7「明日の旅人」)
8日 フジテレビアニメ「青い花」第2回放送(音楽担当)
15日 フジテレビアニメ「青い花」第3回放送(音楽担当)
16日 関連ミニ番組「世界と出会った日本人−大久保利通」放送(音楽担当)
19日 関連ミニ番組「世界と出会った日本人−黒田清輝」放送(音楽担当)
22日 フジテレビアニメ「青い花」第4回放送(音楽担当)
   春野寿美礼シングル「前山にて」/「行かないで」(NE ME QUITTE PAS)発売
26日 関連ミニ番組「世界と出会った日本人−北里柴三郎」放送(音楽担当)
29日 フジテレビアニメ「青い花」第5回放送(音楽担当)


 tracesバックナンバー

このページのトップへもどる

1つ前のページへもどる