掲示板

おしゃべりは
“7777”掲示板へ
レポ投稿などは
投稿掲示板へどうぞ!

line80

get you!

TVで、街角で、
羽毛田さんの楽曲を
聴いたらみんなに
報告しよう!

line80

gallery

お宝写真やイラストを
載せてます。投稿募集中

line80

archives

ライブレポート

live imageアーカイブス
高円寺JIROKICHIライブショット
line80

作品・CDレポート

TV・ラジオ・書籍

年度別WORKS一覧

line80

traces BN

line80

サイトマップ

迷子になったら
ここをチェック!

line80

更新履歴

line80

traces2005 -JULY-

今月の1枚

ゴンチチ恒例の夏ライブ「ゴンチチの夏祭り」が今年も行われました。ゴンチチサウンドになくてはならない羽毛田さんも、サポートメンバーとして参加。でも、今回はピアノ・キーボード演奏のほかにも、とっても大事なお仕事がありました。それは…「モデルさん」
現在日本テレビで放送中のドラマ「おとなの夏休み」はゴンチチのお2人がサントラを担当。羽毛田さんもアレンジや演奏で参加されています。そのサントラCDは、ミック・イタヤさんの素敵なイラストがジャケットになっています。ライブ会場ではCDだけでなく、同じイラストのTシャツも売られていたのですが、その宣伝のために、アンコールの時には羽毛田さんが黒いバージョンを、そしてドラムのクスちゃんこと楠均さんが白いバージョンを着て登場。チチさんに「前に出てきてください」と促され、羽毛田さんはスポットライトを浴びて、とっておきの笑顔でターン&ポーズ。
ふと足元を見ると…羽毛田さんはしっかり足をクロスしてモデル立ちしているではありませんか! 私は法を犯してでも写真を撮りたかった、そのきらきら輝くモデル立ちを!こんな気持ちになったのは、昨年のlive image千秋楽うさぎちゃんになった柏木広樹さんを見たとき以来…でも、そんなことしたらツマミ出されちゃうし、終演後のバックステージで「もう一度Tシャツを着てモデル立ちしてください」と羽毛田さんにお願いする勇気もなかった…で、やむをえず右の1枚になりました。ごめんなさい。ほんっとにごめんなさい。…あぁ、私誰に謝ってるんだろう…。
 
TRACES6月号「どの子が羽毛田君?」の正解
最前列左から2番目のフレンドリーな少年が羽毛田さんでした。
企画としてどうだったのか?はさておき、乗ってくださったぽこりんさんとAIRWAYSさん、
ありがとうございました!!

2005年7月のピックアップ

思いがけず羽毛田さんの「モデル立ち」を見ることができた「ゴンチチの夏祭り」で買った、NTVドラマ「おとなの夏休み」のサントラCDを今回は取り上げてみたいと思います。まだ番組を見ていないので、ドラマのことは書けないんですけど…。
 
<Musicians>
Guitars ゴンザレス三上・チチ松村
Piano, Keyboard & Programming 羽毛田丈史 / Programming 東 里起
Piano 黒木千波留 / Percussions, Vibraphone 藤井珠緒
Bass 一本茂樹 / Drums 伊藤葉子
Violin 桑野聖 藤家泉子 / Viola  大沼幸江 / Cello 堀沢真己
Trombone 村田陽一 / Trumpet, Flugel Horn 西村浩二 / Trumpet 奥村 晶
Alto Flute 井上信平
 
1. 夏の理由(作曲:GONTITI/編曲:羽毛田丈史)
切れのよいブラスと羽毛田さんのシンセをバックに、とっても夏っぽいギターがメインのテーマ曲。
「高中風」エレキギターは三上さん。ライブではほんとに高中正義さんがやってくださいました。
 
2. 恵みの夏(作曲:GONTITI/編曲:羽毛田丈史)
ゴンチチ、羽毛田さん、珠緒ちゃん、、live imageでいっしょのところを見ているので、演奏しているところが目に浮かびそう。井上信平さんのアルトフルート、やわらかくてふわっとなごむ感じです。
 
3. 明日はきっと(作曲:GONTITI/編曲:東 里起・Gonzalez三上)
ゆっくりとした、ギターバッキング、つぶやくようなギターメインの曲。ここでも井上信平さんのアルトフルート、いい感じで入ってきます。ライブで、バンドメンバーとともに演奏されました。
 
4. Old Dance(作曲:GONTITI/編曲:東 里起)
ブラスやコーラスがバックの、アップテンポで楽しい曲。三上さんのエレキギターもあり。
 
5. かげろう(作曲:GONTITI/編曲:GONTITI)
ライブでもデュオで演奏された曲。少し悲しい回想シーンなどで使われているそうです。
 
6. 明日はきっと [Piano solo version](作曲:GONTITI/編曲:黒木千波留)
Piano Soloバージョンはすべて、羽毛田さんではなく黒木千波留さんの演奏だそうです。
オリジナルバージョンの、ぽつりぽつりつぶやくようなムードをピアノで。
 
7. 夏の理由 [Guitar & Percussion version](作曲:GONTITI/編曲:GONTITI)
メインテーマのギター&パーカッションバージョン。ボサノバタッチ。
夏の昼下がりに聴きたい!そよ風みたいに爽やかで、涼しくなれそう。
 
8. 雨雲の上で(作曲:GONTITI/編曲:羽毛田丈史)
ブラスやキーボードのバッキングにギターの旋律。珠緒ちゃんのビブラフォンがすてき。
ときおり「シャー」と聴こえるシンセ、ライブのときの羽毛田さんが目に浮かんじゃいます。
 
9. 恵みの夏 [Guitar & Percussion version](作曲:GONTITI/編曲:GONTITI)
2よりもスローテンポで、よりボサノバタッチ。同じ旋律なのに、雰囲気がずいぶん違うなぁ。
 
10. 雨雲の上で [Piano solo version](作曲:GONTITI/編曲:黒木千波留)
ソロピアノバージョンで聴くと、この旋律はちょっと悲しげだったことに気付きます。
8の羽毛田さんアレンジでは生き生きとした感じだけど、こちらはスローに、しっとりした感じ。
 
11. 砂時計(作曲:GONTITI/編曲:菅谷昌弘)
「ping-pong-song」「朝のめざめ」の菅谷さんらしく、ストリングスが美しいアレンジ。
ゆっくりとした、少し悲しげな旋律。
 
12. 走る女(作曲:GONTITI/編曲:菅谷昌弘)
タイトルはワイルドですが、チチさんのギターと桑野聖カルテットのバッキングがきめ細かくて、
とても美しい曲。ドラマで相応の場面に流れたら、ちょっと感動しちゃうと思う。
 
13. かげろう [Piano solo version](作曲:GONTITI/編曲:黒木千波留)
他のピアノソロバージョンと同じく、ゆっくりと、しっとりと。
悲しげなメロディーですが、ピアノだと少し暖かな感じがします。
 
サントラを聴き込んでドラマを観たら、きっと楽しみ倍増でしょうね。今週は絶対観よっと。

2005年7月の足跡

ライブ出演以外、表立ったお仕事はなかったものの、羽毛田さんは相変わらず忙しい夏をお過ごしのようです。「ゴンチチの夏祭り」情報はこちらのページをご覧ください。

1日 フジテレビ系連続ドラマ「危険な関係」最終話放送(主題歌プロデュース・演奏)
27日 GONTITI「おとなの夏休み」O.S.T.発売(アレンジ・演奏)
29日 ゴンチチの夏祭り(すみだトリフォニーホール) 出演
30日 ゴンチチの夏祭り(すみだトリフォニーホール) 出演 ⇒レポ


 tracesバックナンバー

このページのトップへもどる

1つ前のページへもどる